熊野神社

鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)

 ある日、火遠理命の妻豊玉姫が命のもとへ来ました。
「私はみ子をやどし、お産が近づきました。天神(あまつかみ)のみ子を海原でお生みしては申しわけないので、はるばるやって参りました。」
 命は喜んで、渚近くに産屋を造り始めました。ところが、鵜の羽で屋根を葺き終えぬ間にみ子は生まれそうになりました。豊玉姫はそのとき命に申しました。
「女は子を産むときは、自分の生まれた国の姿で子を産みます。ですから決してごらんにならないでください」

 命はなぜ、そんなことを言うのか不思議に思いました。お産の最中にのぞき見をしてしまいました。なんと姫はワニになり、はい回って苦しんでいました。命はたまげてしまいました。豊玉姫は見られたことを恥じて、み子を産みおいて、
「私は海路を行き来したいと思いましたが、悲しいけれどできなくなりました」
と、海と陸の境をふさいで海へ帰っていきました。

 お生まれのみ子は、鵜の羽の屋根が葺き終えぬまにお生まれでしたから、天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命(あまつひこひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)と申します。
【宮崎県の鵜戸神宮がお産の地とされ安産の神として崇められています】

 豊玉姫はおいてきたみ子を案じて妹の玉依姫(たまよりひめ)に育ててもらうことにしました。その玉依姫に、恋しくて忘れられない火遠理命へ歌を託しました。

赤玉は 緒さえ光れど 白玉の 君が装(よそひ)し 貴くありけり
(赤い玉は玉飾りにすると玉を通しているひもさえ光り華やかです。
 しかし白玉のような命のお姿はその赤玉よりも気高く、したわしく想います)

 山幸も豊玉姫を哀れに思い、

沖つ島 鴨どく島に 我がい寝し 妹は忘れじ 世のことごとに
(鴨がおりる沖の島で共に寝た、いとしい妻のことは忘れない、世が終わるまでも

の歌を返されました。火遠理命は高千穂の宮で長い長い間住まわれ、国を治めました。そのみ子鵜葺草葺不合命は玉依姫と結婚して、生まれたみ子は五瀬命(いつせのみこと)、稲冰命(いなひのみこと)、御毛沼命(みけぬのみこと)、次に若御毛沼命(わかみけぬのみこと)、またの名は豊御毛沼命(とよみけぬのみこと)、またの名は神倭伊波礼毘古命(かむやまといわれびこのみこと)で、このお方がのちに第一代の神武天皇になられたお方です。

 以上のようにわが国には、神代から始まる古くてすばらしい物語がきちんと残っています。うれしいことですね。