熊野神社

社務所上棟祭に参拝して

2014年4月 5日

 去る3月10日熊野神社春季大祭で社務所上棟祭に参拝して

                              山口県合気道連盟 会長  中 村 克 也

 熊野神社 春季大祭に本殿社務所の上棟祭が執り行われ誠におめでとうございます。

寒風吹く中の祭式でしたが、ちょうど宮司さんが祝詞をあげられる時、雲間から一瞬眩いまでの光が射してきたとき、合気道の引土先生が光臨された、と直感しました。

 47年まえ、和歌山県新宮市から引土先生の手紙で霊験日本一の神社が小野田にあるので、自分も合気道の奉納演武をするから、ぜひ山口県の合気道代表として一緒に奉納演武して下さい。神徳が得られますから。と、引土先生からのお誘いでした、初代会長、沼田先生(剣道範士八段)とお参りしたのが神縁の始まりでした。以来春秋大祭には必ず門弟たちと参拝することになり、今日まで続いています。

 引土先生は不世出の合気道名人で合気道開祖の高弟として、神人合一の境地に達せられたお方でした。その後私の人生においても、あまりに不思議なことが重なり数々の霊験を得て、75才の後期高齢の今もこうして合気道修業に励めるのもご神徳に守られているからでしょう。

 6月の本殿の竣工が待ち望まれます。山口県にいよいよ熊野のご神光が天照すこと喜びに堪えません。

 宮司様をはじめ遠く和歌山県から引土先生の奥様も毎回ご参拝され、熊野の神様の神縁に感謝の念禁じえません。

 参拝お礼一筆とさせて頂きます。有り難うございました。

 写真は岡田元昭師範と玉串奉奠される中村克也先生(右)

 

IMG_0925.JPG