熊野神社

お知らせ_【2013年10月】

去る10月13日熊野神社御本殿の上棟祭が斎行されました

2013年10月16日

 お蔭さまで天候にも恵まれたくさんのお参りをいただき厳粛な中にも

盛大に和やかに上棟祭を斎行することが出来ました。有難うございました。

来年の竣工祭、ご遷宮に向けて工事も順調に進んでおります。

 写真は上棟祭後に参拝者が直会に向かわれたあと、神社関係者で記念撮影をしおたものです。

IMG_2082.JPG

 

10月13日の熊野神社御本殿上棟祭の餅をつくご奉仕の面々

2013年10月12日

 当日は120キロの餅が上棟銭と一緒にまかれます。皆様多数ご参集くださいませ。

IMG_2018.JPG

 

去る9月10日熊野神社秋季大祭に石見神楽が奉納されました

2013年10月11日

 スサノオーの命さまがヤマタノオロチを退治される格闘は圧巻です。スサノオーの命さまは、

あごひげが胸元まで伸びても(大人になっても)父のイザナギの神のいいつけを聞かず、火の神をお産みになって亡くなられた母のおられる根の国に行くと言って、だだをこねて、泣きわめいていたといわれます。イザナギの神様に勘当され、高天原を主宰される姉の天照大神(あまてらすおおみかみ)さまにも乱暴狼藉を働き、高天原をも追放されました。しかしアシナズチ、テナズチの娘クシナダヒメを救うために初めて自分で作戦を練り、強い酒を造らせ、ヤマタノオロチを酔わせて退治したといわれます。

そしてクシナダヒメと結婚してたくさんの子孫を残したといわれます。出雲のオオクニヌシの命(大黒様)さまはスサノオーの命さまの6代目になられるお子様だと言われます。スサノオーの命さまはクシナダヒメさまと結婚された時に読まれた和歌が「八雲立つ、出雲八重垣。妻隠(つまご)みに、八重垣作る、その八重垣を」といわれます。

IMG_1691.JPG

 

10月10日の月次祭が斎行されました。

2013年10月10日

IMG_2002.JPG IMG_1984.JPG 当日は「アラホウフラ、スタジオ」の皆さんがフラダンスを奉納されました。

直会(なおらい)をいただきながら、楽しく盛り上がりました。

IMG_1914.JPG

 

上棟祭の餅まき用にもち米が次々奉納されました。

2013年10月10日

山陽小野田市の民繁英子様が米寿のお祝いに60キロのもち米を御奉納されました。

また、宇部市の田辺厚実様から60キロ、岩国の弘中沫子様から60キロ、他にもたくさんのもち米が奉納されております。撒くお餅は十分あります。どなたでもお誘い合わせてご参列くだいませ。

IMG_1906.JPG

 

平成25年10月13日(日)熊野神社御本殿の上棟祭を斎行致します。

2013年10月10日

来る10月13日(日)午前10時上棟祭を斎行致します。

皆様の真心のご奉仕で、準備も順調に進んでおります。

万障お繰り合わせの上、お誘い合わせてご参拝下さいませ。 IMG_1872.JPG

IMG_1874.JPG